ツツジや山野草が開花、ウグイスの声も・・・・

2011/04/22

京王百草園ではツツジやお問い合わせの多い各種山野草の開花がはじまりました。

山野草は数は多くありませんが、ものめずらしいので人気があります。

またモミジなどの新緑も日一日と深まり、また「ウグイス」のさえずりもこのところ聞かれています。

歩くのが楽しい季節、このホームページには高幡不動駅と聖蹟桜ヶ丘駅から京王百草園までの

簡単なウォーキングマップが準備されています。 ぜひ春の散策をお楽しみください。

ツツジ

ツツジ 園内各所で見られます。

ツツジ

ウラシマソウ

ウラシマソウ 茶色の糸のような部分が 「浦島太郎の釣竿から糸をたらしている」 ように見えることからこの名前がつきました。

ムサシアブミ

ムサシアブミ 武蔵鐙と書き、昔の馬具の足を乗せるものに形が似ていることからこの名前がつきました。写真の白い部分を右に90度傾けると足乗せ台のような形になります。

ヤマブキソウ

ヤマブキソウ ヤマブキに似ていますが違う種類です。高さ30Cmほどの草で花びらは4枚、池のほとりの一部に群生しています。

シャガ

シャガ アヤメの仲間で小さく美しい神秘的な感じの花です。ヤマブキソウの隣に群生しています。

リキュウバイ

リキュウバイ 利休梅と書きますが原産地は中国揚子江の方です。涼しげな花がこの季節の風景によく調和します。