梅の開花情報①(2021年1月26日)

2021/01/26

みなさまこんにちは。

 

日曜日の冷たい雨から一転、昨日・今日と暖かな日差しを感じられとてもいい陽気になっていますね。

見晴台から園内を眺めてみますと、松連庵からは何やら白い煙が!!!!

一瞬ドキッとしますが、これは昨日の雨で冷えて湿った茅葺き屋根が、太陽の日差しで温められて

白い湯気を出しているんです。

最近ではとても珍しくなった茅葺屋根ならではの現象です。

 

そして反対側を見ると白く冠雪した「富士山」が輝いています。

朝からいろいろ見れて少し得した気分です!!

 

そんな空の下、早咲きの梅が徐々に見ごろとなって参りました。

まずはこちら「レンキュウ」(蓮久)です。

今園内で一番花数が多く見頃になっています。

 

八重咲きの大ぶりの花が綺麗です。

枝先にたくさんの花がついていてとても可愛らしいですね。

 

もう一つ紅梅をご紹介。

「ミカイコウ」(未開紅)です。

 

咲き始めは濃い紅色の花が見られ、時間が経つと薄いピンク色に花色が変化します。

「ミカイコウ」という名前は、蕾が開く前に落ちてしまう・満開になっても咲き遅れの花がある

ことから名付けられたそうです。

少しさみしい由来ですが、当園のミカイコウはきれいに咲きそろっていて綺麗な様子がご覧いただけます。

 

そして白梅もご紹介したいと思います。

こちらは「ヤエヤバイ」(八重野梅)です。

紅梅の優しい雰囲気とは違い、青空に白い花が映えてとても凛々しく見えますね。

八重咲の大輪でとても見ごたえがあります。

夜露を纏って白く輝いています。

 

これからも園内では様々な品種の梅が開花して参りますので、新型コロナウィルス感染症対策

取りながら静かに観梅をお楽しみください。

 

なお、はじめにご紹介しました「レンキュウ」の根元には記念撮影が出来るようにご覧のような

フォトスポットを設置しております。せひご来園の記念にご利用ください。

(画像は1月25日に撮影したものです)

 

ご来園されるお客様におかれましては、新型コロナウイルスの感染症拡大防止のため

 以下の対応へのご協力をお願いいたします