ロウバイが見頃となりました!

2020/01/17

みなさまこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

 

この冬は例年の厳しい寒さがなく、暖かい日が続いておりますがその代わりに

スカッと晴れた冬晴が少なく、お花の撮影には難儀しております。

お庭のお花も温かい陽気に誘われて開花が早まると思っていたのですが、お庭の

マイペースなお花たちは予想よりも少し遅い開花状況となっております。

 

「ロウバイ」はつぼみよりもお花の方が多くなり、見頃を迎えているようです。

 

百草園のシンボル「寿昌梅」の根元に咲く福寿草もやっと1輪咲き始めの

株を見っけました。

周りのつぼみも開花までもう一息と言ったところでしょうか。

「二ホンスイセン」もまだまだこれから咲きそろってきそうな状態です。

 

早咲きの梅「ヤエカンコウ」の枝には今にも開きそうなつぼみが沢山

付いています。

こちらも開花までもう一息です。

 

 

「ロウバイ」や「二ホンスイセン」からはそれぞれ特徴的な香りが漂っていて

冬の景色の中にも徐々にお花の存在が増してきました。

 

静かな日本庭園で、この時期ならではのお花たちをご覧になられてはいかがでしょうか?

みなさまのお越しをお待ちしております。