秋の風情をお楽しみ下さい

2011/10/29

菊が咲き始めました

菊が咲き始め風景も秋らしくなりました

 

本日は29日(土)、菊が咲き始め園内には少しづつ枯れ葉が落ちはじめました。

気温も散策には丁度よく、百草園駅から歩いても、聖蹟桜ヶ丘駅・高幡不動駅から歩いても清々しい気持ちになれます。

聖蹟桜ヶ丘駅から歩きますと途中の農家の庭先に柿の実が「秋色」に実り、その色を眺めるだけで心が満たされる気がします。

   ※ 聖蹟桜ヶ丘駅・高幡不動駅から京王百草園までの地図はこのホームページ内の 

      ウォーキングマップ → 百草園までお散歩 をご覧下さい

秋の日本庭園まで歩いて健康的に、そして、ちょっとした風情を楽しんでください。

ホトトギス 花の模様が野鳥のホトトギスに似ていることからこの名前が付きました。

ホトトギス 花の模様が野鳥のホトトギスに似ていることからこの名前が付きました。

 

リンドウ 

リンドウ 池の中央付近に少しだけ咲いています。

 

マメヅタ 

マメヅタ 樹木や岩などに付いています。山などに行くと見られますが、当園では池の付近で見ることができます。

小雨模様の朝の風景です

2011/10/22

サザンカ

サザンカが開花しはじめました。

本日22日(土)は小雨模様。

青みがかった風景が、独特の湿度感を演出しているようです。

では園内の様子を紹介しましょう。

マンリョウ

マンリョウ(万両) 冬に熟す実が赤く美しい。呼び名がめでたいので正月に縁起物にされます。

ノキシノブ

ノキシノブ 当園では梅の古木や茶室入り口の「梅軒門」などについています。シダの仲間です。

ホトトギス

ホトトギス 

ボダイジュ

ボダイジュ(菩提樹) 中国から渡って寺などに良く植えられています。7月頃にクリーム色の目立たない花を咲かせます。

園内の木々が薄く色付いてきました

2011/10/14

ホトトギス

ホトトギス 花の模様が野鳥のホトトギスに似ていることからこの名前が付きました。

 

京王百草園の園内の木々がうっすらと色付きはじめました。

歩くのが楽しい季節です。

聖蹟桜ヶ丘から百草園までの道々も柿の実が色付き、雑木林もこんもりとした夏の緑から

すっかり秋景色へと様変わりをはじめました。

このホームページには聖蹟桜ヶ丘からと高幡不動から百草園までのウォーキングマップを用意しています。

ぜひ健康的に歩いて、百草園においでください。

なお、園内では甘酒・よもぎそばをご用意しています。

ハナミズキ

ハナミズキの葉

アザミ 池付近で

アザミ 池付近で

 

ヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ 正門を入って右側にあります。もう花芽が付き、4月に咲く準備をしています。

 

茅葺屋根の松連庵付近。

茅葺屋根の松連庵付近の風景です。

小さい秋を見つけて下さい

2011/10/08

野菊

秋らしい野菊

 

いま園内では小さくて、かわいらしい花や実が楽しめます。

朝夕は少し涼しげで、日中はあたたか。散歩にはほど良い季節になりました。

園内を朝歩きながら写真を収めていると、秋の虫もあちこちで鳴き小鳥と競い合っています。

秋晴れの下での、静かな散策をお楽しみください。

茶室前の藤棚下の苔、静けさが伝わってきます。

茶室前の藤棚下の苔、静けさが伝わってきます。

 

キンモクセイ

キンモクセイ 香りをたどればどこに咲いているかがわかります。

 

アザミ

アザミ 池付近で見られます。

 

秋めいてきた松連庵前

秋めいてきた松連庵前、ここで「よもぎそば」が召し上がれます。