ノダナガフジの開花も順調、ツツジもきれいです

2011/04/29

茶室・三檪庵のとなりにある藤棚の 「ノダナガフジ」 の開花も順調です。

天気の良い日は、藤棚の近くに緋毛氈と野点傘をお客様の記念撮影用に置いています。

今日も記念写真を撮っているお客様が沢山いらっしゃいました。

お子様対象の 「クイズラリー」 も参加のため朝開園と同時に入園される方もおられ、子供さんが園内を

クイズをしながら楽しそうに走り回っていました。

ツツジも日本桜草もきれいです。

自宅から近いけど、どこか懐かしい京王百草園の園内を散策し、花たちと緑をお楽しみください。

ノダナガフジ

ノダナガフジ 野点傘の下で記念撮影してはいかがでしょうか。

 

アケボノフジ

アケボノフジ  こちらは花房の長さは短いですが、花そのものは大きく赤味が強い品種です。松連庵の裏側の藤棚に咲いています。

 

ボタン

ボタン 松連庵付近と正門南側に咲いています。

 

オダマキ

オダマキ 繊細な色と形が魅力的な花、松連庵前の寿昌梅下に咲いています。

 

ニホンサクラソウ (日本桜草) 各種 以下4枚

ニホンサクラソウ (日本桜草) 各種 以下4枚

 

      

 

ツツジ  赤・ピンク・白と様々な色の花たちがお客様をお迎えします。

ツツジ  赤・ピンク・白と様々な色の花たちがお客様をお迎えします。

29日から園内クイズラリーを実施します

2011/04/26

ノダナガフジ

ノダナガフジ 花房も徐々に長くなり始めました。

 

京王百草園ではツツジやノダナガフジの開花に合わせて、園内クイズラリー内見学ツアーを実施いたします。

内容は以下のとおりです。新緑の園内をご家族やご友人と散歩してお楽しみください。

園内クイズラリー 

期 間:4月29日(金・祝)~5月8日(日)

内 容:園内10箇所に設置されている京王百草園や花・植物にちなんだクイズに答えていただいた小学生以下お子様にはプレゼントを差し上げます。

クイズラリー

右側がクイズ用のボードです。園内を散策しながら一つひとつクイズに挑戦して下さい。お子様にはプレゼントがあります。

園内見学ツアー
期 間:5月3日(火・祝)、4日(水・祝)、5日(木・祝)
時 間:午前11時~(40分程度)
内 容:京王百草園のスタッフが当園の歴史や歌碑、花や動植物、見晴台からの風景などをお客様と一緒に散策しながらご説明いたします。
集合場所:正門前広場

ツツジや山野草が開花、ウグイスの声も・・・・

2011/04/22

京王百草園ではツツジやお問い合わせの多い各種山野草の開花がはじまりました。

山野草は数は多くありませんが、ものめずらしいので人気があります。

またモミジなどの新緑も日一日と深まり、また「ウグイス」のさえずりもこのところ聞かれています。

歩くのが楽しい季節、このホームページには高幡不動駅と聖蹟桜ヶ丘駅から京王百草園までの

簡単なウォーキングマップが準備されています。 ぜひ春の散策をお楽しみください。

ツツジ

ツツジ 園内各所で見られます。

ツツジ

ウラシマソウ

ウラシマソウ 茶色の糸のような部分が 「浦島太郎の釣竿から糸をたらしている」 ように見えることからこの名前がつきました。

ムサシアブミ

ムサシアブミ 武蔵鐙と書き、昔の馬具の足を乗せるものに形が似ていることからこの名前がつきました。写真の白い部分を右に90度傾けると足乗せ台のような形になります。

ヤマブキソウ

ヤマブキソウ ヤマブキに似ていますが違う種類です。高さ30Cmほどの草で花びらは4枚、池のほとりの一部に群生しています。

シャガ

シャガ アヤメの仲間で小さく美しい神秘的な感じの花です。ヤマブキソウの隣に群生しています。

リキュウバイ

リキュウバイ 利休梅と書きますが原産地は中国揚子江の方です。涼しげな花がこの季節の風景によく調和します。

ミツバツツジ満開になりました

2011/04/11

京王百草園の4月を美しく彩るミツバツツジが満開になりました。

桜(ソメイヨシノ)の下に咲くミツバツツジはうっとりするほど綺麗です。

このほかにもシャクナゲ、ヒカゲツツジ、ヤマブキ、シダレザクラ、ボケなどが咲き、

このところは、朝夕、ウグイスの声も聞かれ、お客様に喜ばれています。

ミツバツツジ

ミツバツツジの木の下を散策できます。

ミツバツツジ

ミツバツツジとソメイヨシノ  日本画の雲のような美しさです。

ミツバツツジ

上からミツバツツジ・白いユキヤナギ・黄色いレンギョウです。

ミツバツツジ

ミツバツツジ

ヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ 

シャクナゲ

シャクナゲ

シダレザクラ

シダレザクラ

ミツバツツジは間もなく見頃です

2011/04/07

ミツバツツジは間もなく見頃です。

園内のソメイヨシノの下で風に揺らぐ姿は美しいの一言。

また木々の若葉も、 「冬枯れ」 の風景に見慣れたお客様に新鮮なよろこびを与えてくれます。

主役のミツバツツジ、カタクリの周りにはヤマブキや日陰ツツジ、椿なども咲き、静かながらも華やか。

週末は京王百草園で小さなお花見はいかがでしょうか。

ミツバツツジ

ミツバツツジ ピンクとも紫とも言えそうな品の良い花色が魅力です。

ミツバツツジ

ミツバツツジはこのくらいの大きさの木が何本もあります。

ヤマブキ

ヤマブキ 緑の葉とのコントラストが見事です。

シャクナゲ

シャクナゲ 園内でも少し咲き始めています、ツツジの仲間です。

ヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ いかにも山の中にひっそりと咲いていそうな花、華やかさはありませんが日当たりの悪いところでも健気に咲きます。

竹林と茶室ともみじの若葉

竹林と茶室ともみじの若葉

ミツバツツジが咲き始めました

2011/04/04

カタクリは見頃に近づき、ミツバツツジの開花がはじまりました。

ミツバツツジは大きな株は正門付近を中心として園内に点在しています。

このところ朝晩は冷え込むこともありますが、日中は温かく散策には丁度良い気候です。

園内ではウグイスも美しい声でさえずりはじめ、春の訪れを告げています。

ぼけ

ボケ(木瓜) あたたかげなボケの花は今満開です。実が瓜のような形をしているため木瓜といわれています。

かたくり

カタクリ(片栗) 見晴らし付近と正門付近にあります。

ミツバツツジ(三葉躑躅) 今は咲きはじめですが園内には大きな株が多数あります。

ミツバツツジ(三葉躑躅) 今は咲きはじめですが園内には大きな株が多数あります。

すもも

スモモ(李) 純白の花が青空に良く似合います。

園内もすっかり春めいてきました

2011/04/01

カタクリの開花がはじまり、ケイオウザクラも小ぶりながら満開です。

京王百草園の園内もすっかり春めいてきました。

また園路わきの斜面などには野の花である「ニホンタンポポ」も花開き、懐かしい春の表情もうかがえます。

このホームページには聖蹟桜ヶ丘と高幡不動から京王百草園までの簡単なウォーキングマップも用意されています。

園付近の里山風景を楽しみながら、春の京王百草園に足をお運びください。

かたくり

カタクリ 現在はジャガイモの澱粉から片栗粉を作っていますが、昔はこの植物から作っていたといいます。

 

けいおうざくら

ケイオウザクラ(啓翁桜) やわらかな桜色の花が春の日差しによく似合います。

 

れんぎょう

レンギョウ はねつきの羽のような花、まわりの空気まで温まりそう・・・・。

 

ハナニラ

ハナニラ ユリ科の品のよい花ですが、葉がなぜかニラやネギのような香りがします。

 

ニホンタンポポ

日本タンポポ 街中では西洋タンポポがほとんどですが、京王百草園では昔ながらの日本タンポポが普通に見られます。

 

タチツボスミレ

タチツボスミレ 春の野を代表する花、お子ざまに自然のスミレを見せてあげてください。