12月の百草園③ 茅葺屋根の補修が始まりました

2018/12/18

あっ!と言う間に12月も下旬となり、今年もあと2週間ほどで終わってしまいますね…

季節は秋から冬に進み、だんだんと寒い日が増えてきました。

百草園の庭も冬らしい眺めに変わってきています。

忙しない師走ですが、静かな日本庭園で「ほっと」一息つきませんか。

(写真は12月18日に撮影しました)

DSC_0167.pngS

DSC_0130.pngS

 

秋の名残り

〝いろはモミジ” は最後の葉を赤く染めています。

DSC_0165.pngS

 

心字池に映る景色も冬らしくなってきました。

DSC_0124.pngS

〝松の雪吊り” が冬らしさを演出してます。

DSC_0128.pngS

 

〝ニホンスイセン” は花数を増やし見頃になりました。DSC_0136.pngS

付近に爽やかな香りを漂わせてます。DSC_0137.pngS

 

冬の花と言えば〝蝋梅(ロウバイ)”

今年も可愛い花芽がたくさん付いてます。DSC_0142.pngS

気の早い樹は、ポツリポツリ花を開き始めました。

甘~い香りを放ってます。DSC_0148.pngS

 

今の季節、園内を散策してると縁起の良い草花が実を付けてます。

これは葉の上に実を付ける〝センリョウ”

半日陰で良く育ちます。DSC_0126.pngS

 

こちらは真っ赤な実をぶら下げた〝マンリョウ”

繁殖力が強いのか、園内のあちらこちらに自生してます。DSC_0131.pngS

千両!万両! 景気の良い響きですね(笑)

 

春を待つ草木も出番に備えています。

〝福寿草(フクジュソウ)” の花芽が、可愛い顔をのぞかせてます。

DSC_0132.pngS

こちらは和紙の原料にもなる〝ミツマタ” の樹の花芽

DSC_0158.pngS

DSC_0157.pngS

春の訪れをじっと待ってます。

 

本日から〝東屋(あずまや)” の茅葺屋根補修工事が始まりました。

東屋の補修は約10年振りになります。

DSC_0149.pngS

10年の月日で茅葺屋根は苔だらけになりました。DSC_0003.pngS

DSC_0152.pngS今回の補修に使う材料〝萱と竹”

古い萱を抜き、新しい萱に差し替えます。

DSC_0008.pngS

東北宮城県から来た職人さん達が作業してます。

滅多に見られない作業風景ですので、ご興味のある方はぜひご来園ください。