和の心を今に伝える京王百草園

侘び寂びを体現する庵、趣き深い日本庭園、四季折々の草花。
和の世界観に触れれば、不思議と心が落ち着きます。
さあ、日常を脱ぎ捨てて、美しく静かな世界へ参りましょう。

松連庵と梅

江戸の昔から語り継がれる名園

江戸時代の享保年間(1716 年~)、小田原城主大久保候の室であった寿昌院慈岳元長尼が徳川家康の長男・信康追悼のため当地に松連寺を再建しました。その後、時代を経て作られたのが京王百草園です。園内の有名な「寿昌梅(じゅしょうばい)」は寿昌院自ら植樹したと伝えられています。
梅の開花の季節には約50 種500 本の梅たちが咲き競い、園の華やかさも最高潮に達します。

心字池

はるかに筑波山、春はウグイスの声も

豊かな自然を残す多摩丘陵。その一角に佇むのが京王百草園です。園内の見晴台からは付近の自然が楽しめるほか、晴天であれば新宿新都心、東京スカイツリー、そして松連庵前広場からは筑波山も望めます。また野鳥も多く、春はウグイス、初夏はホトトギスの声もよく耳にします。

若山牧水歌碑|松尾芭蕉句碑|松尾芭蕉句碑

幾多の人たちに愛された庭園

当地は江戸近郊の名所として「江戸名所図会」などにも紹介され、徳冨蘆花、大田南畝、田山花袋、北村透谷、若山牧水らが訪れています。特に若山牧水はこの地で恋人小枝子との失恋を歌にし、「独り歌へる」をつくりました。また園内には牧水の長男・旅人氏設計の歌碑、松尾芭蕉の句碑も木々の緑の中に佇んでいます。

季節を探す

京王百草園には季節ごとにたくさんの花が咲き乱れます。
そのため写真愛好家たちの間では、絶好の撮影スポットと呼び声の高い場所もたくさん。
茅葺屋根や竹垣など日本の伝統美を味わいながら、絵になる花たちを探してみましょう。

園内マップ|梅|もみじ|藤|福寿草|寒咲アヤメ|アジサイ|ツツジ|ロウバイ|ミツバツツジ

花カレンダー|1月|日本水仙,ロウバイ,早咲き梅|2月|梅,福寿草,寒咲アヤメ,椿|3月|遅咲き梅,白木蓮,ボケ,ムサシアブミ,サンシュユ|4月|ミツバツツジ,カタクリ,シャクヤク,日本桜草,ツツジ|5月|藤,シャクナゲ,ボタン,サツキ,|6月|各種アジサイ群|7月|ノウゼンカズラ,スイレン|8月|百日紅|9月|萩,金木犀,マンジュシャゲ|10月|ホトトギス,吉祥草|11月|もみじ各種|12月|もみじ各種,山茶花

ゆったりとした和のひととき

京王百草園では、歴史の地としての庭園、そしてそこに咲き乱れる季節の花々をご堪能いただけます。園内には、お食事や喫茶ができるお休み処もご用意しておりますので、ぜひご利用ください。
また、茶会や句会などの場としてご利用いただける施設もございますので、ぜひご活用ください。

松連庵(左)|三檪庵(右)

  • 定休日 水曜日(祝日の場合は翌日、年末年始12 月30 日~ 1 月3 日)
    ※催事期間中は無休
  • 営業時間 午前9:00 ~午後5:00 (11 月・12 月は午後4:30 まで)
  • 入園料 大人/ 300 円 小人/ 100 円
  • 所在地 〒191-0033 日野市百草560
  • 電話番号   042(591)3478
    ※ペットを連れての入園はお断りいたします。

交通のご案内